ママになる準備、まず水からはじめませんか

クリクラママ

おなかのなかで芽生えた小さな命のために、できるだけ安心で、できるだけ良い水を…
それが、クリクラの願いです。

ママになる準備は水から

スリムなので意外と設置しやすい

つわりの間もしっかりと水分補給!

体の90%が水分でできているといわれる、おなかの赤ちゃん。羊水の中に守られ、ママの体から栄養と酸素をもらって、成長していきます。その様子は、まさに“水に育まれている”と言ってもよいでしょう。
それだけに、この時期、ママの水分補給がとても大切です。

つわりの治まる妊娠中期以降も

ホルモンや新陳代謝が活発になる関係から妊娠中のママは汗っかき。特に妊娠5~7ヶ月目の妊娠中期は汗をかきやすくなっています。運動を心がけているママならなおさらですね。水分補給は、渇きを覚えてからでは遅いとされています。水筒やマイボトルを常に持ち歩き、定期的な水分補給を習慣づけたいものです。

子育て中のママと、クリクラ

クリクラの水は、赤ちゃんの粉ミルクにも使えます

赤ちゃんの成長とカラダの水分

みずみずしくふっくらとした赤ちゃんの肌。それもそのはず、新生児ではなんと体重の75%が水分なのです。そして、1日に体重1㎏あたり70~90mlものおしっこを出し、新陳代謝を活発に行ってぐんぐん成長していきます。赤ちゃんの代謝速度は、大人の約3.5倍。赤ちゃんが7時間水分を摂らなかったとすると、大人が丸1日水分を補給しなかったのと同じことになってしまいます。

クリクラの水は、赤ちゃんの粉ミルクにも使えます

赤ちゃん用の粉ミルクにはミネラルウォーターは使用不可と記入されていますが、これは硬水のこと。
クリクラは軟水なので安心して赤ちゃんの粉ミルクにご利用いただけます。温水で溶かしてから哺乳瓶ごと、水道の流水などで適温まで冷まして下さい。

ママのための「水」百科

クリクラの水は、赤ちゃんの粉ミルクにも使えます

たった100gの水が不足してもダメージに

赤ちゃんは、ほんのわずかな水分不足も苦手。大人よりも脱水症状を起こしやすいのです。
その理由は2つあります。まず、赤ちゃんは腎臓が未熟なためおしっこで水分がたくさん失われてしまいます。その量は、体重1㎏あたり大人が20~30mlであるのに対して、赤ちゃんは70~90ml。大人の3倍もの量です。
また、ぐんぐん成長する赤ちゃんは新陳代謝が活発な分汗っかき。汗として出ていく水分の量もとても多いのです。
こうした理由で、赤ちゃんの体の水分が入れ替わる代謝速度は大人の3.5倍にも達すると言われています。
水分は、体重のたった2%でも不足すると、大人でも脱水状態になってしまいます。これを体重5㎏の赤ちゃんに換算すると、わずか100g(≒ml)です。
(症状としては、唇のカサカサなどが目安となりますし、水分不足は赤ちゃんの便秘の原因のひとつにもなっています)
まだ胃腸が弱く下痢なども起こしやすい赤ちゃん。水分を多く失う下痢は、脱水をまねきやすいものです。水分補給を心がけると同時に下痢の原因とならない安心、安全な水が大切です。

ママの水分補給は1日2,000~2,500ml

赤ちゃんに母乳として与える水分量とママ自身の健康を維持していくために必要な水分量を合わせると、授乳中のママには1日2,000~2,500mlの水分補給が望ましいとされています。タイミングとしては、授乳の後がおすすめです。
一度にたくさんよりも、少しずつこまめな水分補給を心がけましょう。

クリクラママ 無料お試しキャンペーン実施中!

クリクラママ無料お試しキャンペーン

お申込み条件
妊婦さんもしくは1歳未満のお子様がいる方を対象とさせていただきます。

サービス提供時、母子手帳又はコピーのご提示をお願いします。
同一のお住まい、お客様でのサービス利用は一回のみとなります。
過去に本サービスをご利用された方の複数回利用はご遠慮いただいております。

サービス内容

【ボトル3本無料お試し・クリクラサーバー無料貸し出し】の内容で、期間は、2ヶ月以内(3本又は2ヶ月のどちらかが終了次第)となります。

継続について

・継続してご利用いただける場合、追加で6本分の無料引換券を提供いたします。
・無料引換券は、1枚でボトル(12L)1本と交換できます(原則1ヶ月1枚使用)
・無料引換券は、6枚つづりでお客様へ直接郵送いたします。(使用期限1年)

その他

入会金・違約金・継続強制なし。譲渡不可。サービスボトル移転持越し不可。

クリクラママ無料お試しキャンペーンお申し込み後の流れ